一筆法話80

『自然に満足』(じねんにまんぞく)



 最近二度目の結婚をしたS君が、夕食をご馳走したいからというので、喜ん
で訪ねた。奥さんの手料理が美味しく和気あいあいと楽しんでいたが、そのう
ちにパソコンの話になり、徐々に雰囲気が変わってきた。
S君「和尚さん、今度買ったパソコンはすごく性能が良くて早く動くんですよ」
私 「あ〜そう、うらやましいな。私なんか古いのをずっと使っているんだよ」
奥様「もう、この人ったら次から次に買うんですよ。お陰で家計のやりくりが
   大変」
S君「おい、そういう言い方はないだろう。俺がパソコンを買うのは、会社で
   仕事をするために必要なんだ、余計なことを言うな」
奥様「あ〜らそう、じゃあこの前買ったカーナビは何の役に立つの?地図を見
   れば済むことなのに、今すぐ必要でもないのに買うのは衝動買いでしょ
   う。家のローンだって苦しいのに、あとさき考えずに買うんだから」
S君「お、和尚さんの前でなんて事を言うんだ。お前だって毎月高いエステに
   通って、人の倍もご飯を食ってれば意味ないじゃんか!」
奥様「へ〜え、美しくなるのが無駄だっていうの。こんな私に結婚してって頼
   んだのはあなたよ!」
S君「だ、黙れ!」
私 「あっ、用事を思い出した!では急ぎますので失礼、ご馳走さん!」
S君が三度目の結婚をしたとは未だ聞いていません。

 夢窓国師(むそうこくし=一二七五〜 一三五一鎌倉末・室町初期の臨済宗の
僧)が足利尊氏の弟、直義の質問に答えられたものがまとめられて『夢中問答』
(むちゅうもんどう)という本になっている。その中で一番最初の問答に、

『福を求むる欲心をだに捨つれば、福分は自然に満足すべし』
(ふくをもとむるよくしんをだにすつれば、ふくぶんはじねんにまんぞくすべし

という国師の答えがある。かいつまんで言えば、
問「衆生の苦しみを取り除き、楽を与えるのが仏の慈悲であるのに、どうして
  仏教では幸福を願うことを抑えるのですか」
答「世間で商売や農家、職人や芸術に携わったり、サラリーマンなどさまざま
  な人の生き方を見れば、一生苦労の連続で本当に幸福な人はあまりいない。
  それは与えられた現実の自分に満足せず、欲望のために腹を立てたり、人
  を恨んだりして却って福から遠ざかるからだ。だから仏教は幸福を求める
  なという教えではなく、先ず充分に足りている自分を自覚することなのだ。」

 人間の心はどんどん物やお金、尽きない欲望へ走っていく。五十年前、百年
前の人々は現在に比べたら便利ではない時代に生きていたが、不幸だったろう
か。あまりに豊かな生活の中では昔のように「生きるために食べる」といった
欲望に代り、まさに破壊的な欲望がはびこり始め、自分の満足や快楽だけを追
及している人が多い世の中になってきている。


01  君看よ
02  好事
03  独座
04  皆真なり
05  共に行く
06  好日
07  不食
08  蒼龍の窟
09  家珍
10  風涼し
11  弁じ難し
12  滋味無し
13  月在手
14  無南北
15  短法身
16  這漢
17  同事
18  桃核
19  足別離
20  癡僧
21  元不識
22  不遠
23  不諾
24  也風流
25  無所住
26  阿家牽
27  忘却
28  是非人1
29  是非人2
30  竹一竿
31 斑斑色
32 可憐
33 眞人
34 無慚色
35 不相知
36 三子寒
37 似秋月
38 思鱸客
39 明月夜
40 進一歩
41 千年翠
42 喫茶去
43 殺仏
44 如在
45 声吁吁
46 山高
47 不貪
48 養形
49 夜来雁
50 世上人
51 上樓
52 無暖気
53 嫌揀擇
54 罵李
55 怪力乱神
56 童子不知
57 到遼西
58 火自涼
59 不覚臭
60 無咎
61 為父隠
62 生万物
63 至菩提
64 北枝寒
65 無功徳
66 邯鄲之歩
67 東家杓柄
68 謂之仁
69 諸行無常
70 一期一会
71 問伊
72 乾屎ケツ
73 楚地花
74 吾二親
75 載月明帰
76 竹有節
77 從地起
78 不是目
79 巧言令色
80 自然に満足


説教はイヤだ!体験がいい!坐禅を組む。

ホームページへ戻る

案内所へ戻る

道樹寺 江口 潭渕(たんえん) dojuzi@ktroad.ne.jp