『不相知(あいしらず)』


八月はお盆の月である。「お盆」というのはウランバナと
いうインドの言葉が「盂蘭盆」(うらぼん)という漢字に
当てられたものである。今では「お盆」という国民的な行
事であり、会社が休みになり、田舎に帰省したり、レジャ
ーに出かけたりと日本中が大騒ぎの時である。しかし、ウ
ランバナという意味は、逆さまに吊るされている状態をい
い、耐えられない苦痛をいう。昔から地獄の蓋(ふた)が
開くとされる「お盆」というのはもともと地獄や餓鬼道に
堕ちた死者に対して供養するために設けられた期間である。
お釈迦様の十大弟子の一人、目連尊者(もくれんそんじゃ)
は神通第一といわれた。尊者はある時、神通力を巡らして
自分の亡き母親が何処にいるか探し廻った。生前、目蓮尊
者を可愛がってくれた母はおそらく六道輪廻(ろくどうり
んね)の最高の世界とされる天上界に住んで居ることだろ
うと静かに神通力を巡らしたが、懐かしき母の姿はどこに
も見えなかった。おかしいなと思い、この人間世界に別の
生を受けてどこかに住んでいるのだろうかと捜したが、そ
こにも母は居なかった。阿修羅(あしゅら)の世界、畜生
(ちくしょう)の世界、と見回してもどこにも姿はなかっ
た。もしかして…と餓鬼道(がきどう)の世界を覗いたら、
なんと腕は細り、目は落ちくぼみ、栄養失調の哀れな姿の
母がいた。母が、何とか食べ物を食べようと口を近づけると、
その食物は突然、炎に変わり母の口を焼く。とても痛まし
くて見ていられない。目連尊者は、悲号(ひごう)啼泣
(ていきゅう)し、お釈迦さまに相談した。
お釈迦さまは、
『お前の母は我が子だけを盲愛したために罪は重く、お前
一人では母を救うことは出来ない。だから七月十五日、教
団の修行期間が終わる時に、十万の出家行者に百味飮食
(ひゃくみおんじき)を供養しその力にすがりなさい。』
と教えられた。目蓮尊者はその日、修行僧を招待し、母の
供養をお願いした。衆僧は七代の先祖のために祈り、その
功徳により母の苦しみは解放されたということである。
「周易(しゅうえき)」という書物に、
「百姓(ひゃくせい)は日(ひび)に用いて相知らず」
という語が出てくる。人々は毎日の生活の中で自分のこの
不思議な命のことを真剣に考えずに暮らしている。これを
「お盆」にかこつければ、人はご先祖さまがいたからこそ
今の自分の命があるということを自覚し、感謝していない、
ということになる。ほとんどの地方では八月の月遅れの
「お盆」を迎えるが、私も汗を拭き拭きお経を唱えて回る。
折しも高校野球の季節。親類、家族が集まり、ビールを飲
みながらテレビ観戦中である。私の姿を見て誰かが、
『あっ!和尚さんだ。早く、早く仕度して。』
そして、仏壇の前に出てくるのは多くは、家長夫婦である。
若い人はなかなか仏壇の前に座らない。今、私が供養して
いるのはどこのご先祖かな。お前達のご先祖だぞ!

一筆法話

コピーしてお読み下さい。
01  君看よ
02  好事
03  独座
04  皆真なり
05  共に行く
06  好日
07  不食
08  蒼龍の窟
09  家珍
10  風涼し
11  弁じ難し
12  滋味無し
13  月在手
14  無南北
15  短法身
16  這漢
17  同事
18  桃核
19  足別離
20  癡僧
21  元不識
22  不遠
23  不諾
24  也風流
25  無所住
26  阿家牽
27  忘却
28  是非人1
29  是非人2
30  竹一竿
31 斑斑色
32 可憐
33 眞人
34 無慚色
35 不相知
36 三子寒
37 似秋月
38 思鱸客
39 明月夜
40 進一歩
41 千年翠
42 喫茶去
43 殺仏
44 如在
45 声吁吁
46 山高
47 不貪
48 養形
49 夜来雁
50 世上人
51 上樓
52 無暖気
53 嫌揀擇
54 罵李
55 怪力乱神
56 童子不知
57 到遼西
58 火自涼
59 不覚臭
60 無咎
61 為父隠
62 な し
63 な し
64 な し
65 な し


説教はイヤだ!体験がいい!坐禅を組む。

ホームページへ戻る

案内所へ戻る

道樹寺 江口 潭渕(たんえん) dojuzi@ktroad.ne.jp