『元不識』(もとをしらず



六月は婚姻の守護神であるジュノーにちなんで、この月に
結婚する花嫁は幸せになれる、ということでジューンブラ
イドということが云われるが、実際の事情は少し違ってい
たようだ。
西洋では上流階級を除いて、人々は敷き藁をしいて家族が
一緒に寝ていたが、六月になればそろそろ暖かくなって戸
外に出て寝ることが出来るようになる。実はそれというの
も、新婚さんが家族の目から離れるという以外に藁(わら)
から発生する蚤(のみ)や虱(しらみ)といった害虫から
逃れる目的があったらしい。ついでに、クレオパトラもし
ていたというアイシャドーは、砂漠などの強い日光から目
を守るという実用の面もさることながら、
「寝る間もないほど愛された」という、東洋では下品とさ
れることが、まかり通っていた名残である。さらに、ハイ
ヒールは当時の華やかな都のパリでさえも衛生状態が悪く、
通りのあちこちに人間の排泄物を捨てたために、それを踏
まないための工夫らしい。因にベルサイユ宮殿にもトイレ
がなかった。
さて何気なく使っている箸(はし)は、東洋の伝統的な食
文化の財産の一つであるが、その歴史は、中国の三国時代
にまで溯(さかのぼ)ることができるらしい。日本では耶
馬台国、卑弥呼が魏に使いを送り込んだころである。最近
の人たちは器用に、レストランなどでナイフとフォークを
使っているが、その歴史は百年ほどである。長い歴史のな
かで洗練されてきた箸(はし)づかいは美しいと思う。
岐阜市の瑞龍僧堂で修行していたころの事である。時々、
Nお婆さんの家へお経を読みに行かされていた。Nお婆さ
んは雲水(修行僧)のことをとても可愛がり、何かと面倒
を見ていてくれた。或る時、お経を読みに行ったら無理矢
理に、フランス料理に誘っていただいたことがある。私は
フランス料理など見たこともなければ食べたこともなかっ
たので、内心「困ったな」と思った。ナイフとフォークも
使えない。それに雲水が場違いの処に居ては他の信心を冷
まさないかと怖れていた。店に入るなりNお婆さんは、
「いつものコースをお願いね。あっ、それからこちらのお
坊さんはよく食べる方だから量を多めにしてちょうだい。
それからナイフもフォークもいりませんからお箸(はし)
で食べやすいように調理してください。」
と、当然のように注文し、すましていた。「よく食べる」
は余計だと思ったが、ほっとした。そして修行しているよ
うな気持で食事を頂き、僧堂でいつもやっているように、
皿などに残っているスープの汚れなどを、きれいにコップ
の水で洗い、それを飲み干した。
「鸚鵡叫煎茶 與茶元不識」
「鸚鵡(おうむ)煎茶(せんちゃ)と叫ぶ 茶を与うれど
も元を識(し)らず」
という禅語がある。形だけを追い求めても、元の心を知ら
なければ、ただの猿まねである。後で料理長の方がそれを
見て、えらく感激してくれて、
「ここまで召し上がって頂き、有難うございます。」
と言われた。負け惜しみかも知れないが、西洋式など知ら
なくても通じた。

一筆法話

コピーしてお読み下さい。
01  君看よ
02  好事
03  独座
04  皆真なり
05  共に行く
06  好日
07  不食
08  蒼龍の窟
09  家珍
10  風涼し
11  弁じ難し
12  滋味無し
13  月在手
14  無南北
15  短法身
16  這漢
17  同事
18  桃核
19  足別離
20  癡僧
21  元不識
22  不遠
23  不諾
24  也風流
25  無所住
26  阿家牽
27  忘却
28  是非人1
29  是非人2
30  竹一竿
31 斑斑色
32 可憐
33 眞人
34 無慚色
35 不相知
36 三子寒
37 似秋月
38 思鱸客
39 明月夜
40 進一歩
41 千年翠
42 喫茶去
43 殺仏
44 如在
45 声吁吁
46 山高
47 不貪
48 養形
49 夜来雁
50 世上人
51 上樓
52 無暖気
53 嫌揀擇
54 罵李
55 怪力乱神
56 童子不知
57 到遼西
58 火自涼
59 不覚臭
60 無咎
61 為父隠
62 な し
63 な し
64 な し
65 な し


説教はイヤだ!体験がいい!坐禅を組む。

ホームページへ戻る

案内所へ戻る

道樹寺 江口 潭渕(たんえん) dojuzi@ktroad.ne.jp