只の道へようこそ! 


「只の道は耳鳴りのごとし」

*人は、絶対に知られないように徳を積まねばなりません。現代社会は、
 自己顕示欲の強い人ばかりですね。しかし、人に知られても最後に残
 るのは虚しさだけです。

*自己顕示欲の強い人ほど、家族のために会社のために世のために等々、
 ○○のためにというのがお好きです。そして、わざわざ肩書きや勲章
 を一杯もらって来ては、自分の鼻先にぶら下げたがります。

*自分が自分らしく生きていればいいのじゃないでしょうか。寝たきり
 の人は寝ているだけで何もしなくても、その人が生きているだけで、
 幸せだと観じる人がいます。
 それは、父だったり、母だったり、友だったり、愛する人だったりと
 それぞれですが、ともかくも生きてさえいてくれれば、それでいいと
 いう人間になりたいと思います。

*「ボランティア」も「奉仕」も「福祉」もそういう言葉を使わなくて
 もいい社会が良い社会だと思います。それには、一人ひとりが、今の
 この生命、自分の輝く生命に本当に気が付くだけでよいのです。腹の
 底から自分の生命を感じる人は、他人に対しても自分と同じように接
 することが出来るからです。
 世の中で立派と云われる人は立派な人だと思いますが、私はそういう
 人になりたくありんせん。
 何故なら、そういう一切の鎖(くさり)を付けないほうが自由に生き
 ていけるからです。鎖(くさり)があれば、自分が見えないし、さり
 げなく優しく人に応えることが出来そうにないから。

*つづく

ホームページへ戻る

案内所へ戻る

道樹寺 江口 潭渕(たんえん) dojuzi@ktroad.ne.jp