随縁会の掲示

仏教の三大聖木は無憂樹、菩提樹、沙羅双樹でそれ
ぞれ釈迦の生誕、悟り、死につながっています。
摩耶夫人がネパ−ルのルンビニ−園でこの花のひと枝
を折ろうとした時、右脇腹より釈迦が出生されたと伝
えられます。四月八日の花祭りはムユウジュを愛でる
ものでした。
しかし、西遊記で有名な玄奘三蔵法師の書かれた、
大唐西域記(七世紀)には、「今已に枯る」と書かれ
ています。その後約千三百年後やっとインドから移植
されました。
今ではルンビニ−に緋紅色(時には白色)の花をいっ
ぱいに咲かせています。さて、あなたにとっての花と
は「桜」?「バラ」?「ユリ」?それとも‥‥‥‥‥「団子」!いやいや、「夜の花」!!


お知らせ

 4月1日(土)道樹寺花見
さて、恒例の道樹寺の花見ですが、毎年4月の第一土曜
ということになっております。人を選びませんので、ど
なたでもご自由に参加下さい。
もし一品でもつまみをご持参下さるなら、それは有り難
いことですが、会費はちゃんと¥1,000と決まっていま
すので、どうぞお気軽にお越し下さい。
今年は、余興にMrエンターテイメントをご招待していま
す。某芸能人の清水アキラ?を凌ぐという実力者の人で
すが、岐阜県下では謎の多き人物ゆえ、誰もが知ってい
るがどこの誰かは誰も知らないという月光仮面のような
スーパースターです。
請う、ご期待!

新年のご挨拶もれの方は、以下にご挨拶申し上げます。
一年間は、新年の挨拶を申し続けますので悪しからず。


随縁会より[謹賀新年]
謹奉賀新年平成十三辛己歳 孟正
約十五年の歳月が流れました。何がって?祐子(仮称)
ちゃんの許しを得るまでの時間のことです。祐子ちゃん
の家族は、九州から岐阜へ来た私を身内のように親切に
してくれました。何回かお邪魔しているうちにふとある
事に気がついたのです。祐子ちゃんはトイレへ行くのに
竹のヘラのようなものを持参していくのです。それ何?
と聞いても教えてくれません。ある時、こっそりお婆ち
ゃんが教えてくれました。

「あの子も不憫な子じゃ、便所へ行くたびに仕事をやら
ねばならん」

「どういうことですか?」

「あの子はなあ、ウンチが大きすぎてそのまま水を流す
とパイプが詰まって水があふれるんじゃよ。だから、用
を足したら竹べらで小さく切り刻んで流さないといけん
のじゃ」

それ以来、私にだけは心を許すように説得を続けてきま
した。祐子ちゃんがやっと見せてくれたのは昨年の暮。
中学の息子を先頭に三人の子持ちになったからでしょう
か。それは見事でした。白い便器の中に金色の大蛇がと
ぐろを巻き、眼福でありました。

随縁会に関するお問い合わせは下記の事務局までお願いします。

清水廣子watashin@ktroad.ne.jp


随縁会事務局 清水廣子
       安田修司
       金丸幸江


ホームページへ戻る

案内所へ戻る

道樹寺 江口 潭渕(たんえん) dojuzi@ktroad.ne.jp