地蔵堂です。

地蔵堂は山門から入って左手に在ります。


お地蔵さんはどこの田舎や街の中でも日本中至るところで見かけられま
す。お地蔵さんはお釈迦さんが亡くなられて、次の世に弥勒菩薩が出現
するまでの間、衆生済度を任された菩薩です。

姿はお坊さんのように頭をツルツルに剃り、左手に宝珠を持ち、右手に
杖を持っていることが多い。宝珠というのは摩尼(マニ)という玉で、
不幸や災難を除き濁水を澄ませる働きがあるというもので、世間で苦し
んでいる人たちのために無数に分身して済度すると伝えられています。

毎月24日がお地蔵さまの日でありますが、特に道樹寺では8月24日を地
蔵盆の日として供養をし、近隣の人々がお参りに来ます。



お地蔵さんは特に子供が大好きで、子供がお地蔵さんにいたずらをして
も、ニコニコと見守っていてくれると随分昔に聞いたことがあります。
道樹寺のお地蔵さんは石で出来ており、2m50cmくらいの大きさで、ユー
モラスな顔をしています。


つもり違い

ホームページへ戻る

案内所へ戻る

道樹寺 江口 潭渕(たんえん) dojuzi@ktroad.ne.jp