ようこそ玄関(げんかん)です。


ここは道樹寺の玄関です。


禅宗では玄関というのは特別の意味があります。

まず、最初に顔と顔が相対する瞬間の場所です。
昔、中国の禅宗寺院ではお寺の入り口の上に「玄関」という字を掛けていた
のです。どうして「玄関」かというと、そこから一歩中へ入れば幽玄な悟り
の世界に入る大切な関門だということを云いたかったからです。

日本に「玄関」という言葉が伝わったのは鎌倉時代で、その後広く禅宗のお
寺だけでなく、一般の民家にも玄関という言葉が広まり現在に至っていま
す。
ですから、よその家の「玄関」に向かって一歩進むときには、私たち禅宗の
僧侶は「エリ」を正して、その家のご主人に腹の中まで見透かされて軽い人
間だと思われないように、覚悟を決めて入ります。

とは云っても現代は軽いのも味のうち、ありのままの貴方こそが一番です。


次の台所へ

ホームページへ戻る

案内所で聞く

道樹寺 江口 潭渕(たんえん) dojuzi@ktroad.ne.jp